チャーリーの経済ニュース解説

【 中国が「対米関係の悪化」を本音では望んでいない理由 】

b523c7d6f3f2d43f5931

【 中国が「対米関係の悪化」を本音では望んでいない理由 】
 
世界の中でどんどん立場を強くする中国
 
その目指す方向は何処にあるのか?
 
アメリカとの関係は今後どうなるのか?
 
このあたりは常に様々なニュースソースから情報を入手し
 
皆さんそれぞれ考えていく必要がありますね。
 
中国という国は元という通貨をコントロールし
 
国内の不動産インフレを継続的にお越し
 
相対的な資産力をつけて、その資金で世界中のもの
 
資産を買収しています。
 
しかし本質的にそこまでのチカラを持っているのかといえば???
 
まだまだ一流国とは言えないレベルだと思います。
 
それであっても外交戦略上手ですので
 
更なるチカラを持ち、発言力を持つようになることも確実でしょうね。
 
参考資料:中国が「対米関係の悪化」を本音では望んでいない理由
http://diamond.jp/articles/-/132345

以上、参考になった方はシェアをお願いします。
 
また、チャーリーの経済解説ニュースで
 
コメントしてほしい内容や
 
ビジネス、投資のご相談などあればお寄せください。
 
内容を確認させていただきます。
 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 
世界中のから誰もが活用できる様々な知恵を日々アップしています。
 
稼ぐ!得する!儲ける!気付く!考えさせられる!ヒント!
 
そんな情報が日々満載です!! こちらからどうぞ。
 
https://www.facebook.com/groups/518750324829475/?ref=bookmarks

数多くの会社経営者や起業家がこっそり読んでいる、短期間でゼロから億の資産を作る秘訣を大公開






チャーリータカとは

こんにちは、チャーリーです。
「世界中に家を持ち、自由に鞄ひとつで世界中を回る」
これって夢のような事だと考えていませんか?実はこれは誰にだって可能なんです。
現在、 私はマカオを拠点し、世界中で様々な投資を行っています。今年も経済成長率8%を目指す中国。
その中国を間近で感じられるマカオはやはり魅力的な場所です。
マカオから各国への航空券は非常に安く、ベトナムまでは往復¥3000といった日本では通常考えられない料金で行く事ができるのです。 ぜひ一度マカオに来られて、マカオの経済成長、そして中国のこの勢いを感じてみて下さい。そして、時間があればぜひ弊社にも遊びに来てほしいですね。