子どもに伝えたいお金の話

【 インドネシアのビットコイン事情 】

Off 28

【 インドネシアのビットコイン事情 】
 
ビットコインは世界中で使われるわけですが、
日頃日本にいると世界のビットコイン事情というのは
なかなか把握がしずらいものがあります。
 
特に新興国では、ビットコインがどのように取引されて
どのように受け入れられているのかというのは、
先進国以上に分かりにくいものになっていると思います。
 
またビットコインの性質を考えると、
固定電話などよりもスマホが普及していたり、
国を跨いで出稼ぎに出ている労働者がいたりと、
ビットコインがより使われる土壌はあると言えますが、
実際の所はどうなっているのでしょうか?
 
今回ご紹介するインタビューは、
インドネシア最大の暗号通貨取引所CEO
オスカー・ダルマワン氏へ行ったものです。
 
インドネシアでは実際どのような人が取引を行っていて、
ビットコインに対してどのような感覚を持っているのか。
また政府はどのような対応を取っているのか。
この辺りがとても理解しやすい形になっていると思います。
 
また日本のビットコイン価格は世界でも高い部類にありますが、
インドネシアの取引所を使うと、
裁定取引(アービトラージ)の可能性もそこにはあります。
 
日本だけの視点を一歩離れると
様々な可能性が暗号通貨にある事がよく分かるのでは無いでしょうか。
 
以下より是非インタビューを御覧下さい。

About the author / 

子どもに伝えたいお金の話




チャーリータカとは

こんにちは、チャーリーです。
「世界中に家を持ち、自由に鞄ひとつで世界中を回る」
これって夢のような事だと考えていませんか?実はこれは誰にだって可能なんです。
現在、 私はマカオを拠点し、世界中で様々な投資を行っています。今年も経済成長率8%を目指す中国。
その中国を間近で感じられるマカオはやはり魅力的な場所です。
マカオから各国への航空券は非常に安く、ベトナムまでは往復¥3000といった日本では通常考えられない料金で行く事ができるのです。 ぜひ一度マカオに来られて、マカオの経済成長、そして中国のこの勢いを感じてみて下さい。そして、時間があればぜひ弊社にも遊びに来てほしいですね。