チャーリーの経済ニュース解説

【 残業の上限、5割超が過労死ライン 】

d25e4a496d71868ec457

【 残業の上限、5割超が過労死ライン 】
 
日経225に入る各企業の残業協定
 
なかなか凄い条件というか・・・・
 
80時間以上の残業上限が当たり前なのですね。
 
過労死と認定される水準までの残業。
 
最大手企業でさえこの状況ですから
 
中小企業などはこんな協定もない中で
 
酷使される状況も多いのでしょうね。
 
ネットが繋がれば何処でもビジネスはできるわけで
 
旧態然とした仕事のあり方自体から変われない企業
 
これは10年後、20年後には
 
多くが残っていないのではないかとも思えてしまいます。
 
企業としては継続して残っていても
 
その働き方しかできない人たちは
 
そこにしがみついているしかなく
 
結果、取り残されていくように思えますね。
 
参考資料:残業の上限、5割超が過労死ラインの「80時間以上」 朝日新聞が調査
http://www.huffingtonpost.jp/2017/12/03/karou-shi_a_23295771/
 
以上、参考になった方はシェアをお願いします。
 
また、チャーリーの経済解説ニュースで
 
コメントしてほしい内容や
 
ビジネス、投資のご相談などあればお寄せください。
 
内容を確認させていただきます。
 
◆◇◆◇◆◇ブロックチェーンラボ メルマガ!◆◇◆◇◆◇
 
毎週火曜日発行!
 
暗号通貨・ブロックチェーンの業界最先端の情報を
 
世界から集めお届けします!
 
いち早くお届けしたい案件情報はメルマガで臨時発行!
 
ここでしか聞けない話が満載です。
 
しかも登録は無料です。
 
日本一中身の濃い暗号通貨メルマガに是非ご登録下さい!!
 
登録はこちらから↓!
 
https://www.blockchain-labo.jp/mailmagazine




チャーリータカとは

こんにちは、チャーリーです。
「世界中に家を持ち、自由に鞄ひとつで世界中を回る」
これって夢のような事だと考えていませんか?実はこれは誰にだって可能なんです。
現在、 私はマカオを拠点し、世界中で様々な投資を行っています。今年も経済成長率8%を目指す中国。
その中国を間近で感じられるマカオはやはり魅力的な場所です。
マカオから各国への航空券は非常に安く、ベトナムまでは往復¥3000といった日本では通常考えられない料金で行く事ができるのです。 ぜひ一度マカオに来られて、マカオの経済成長、そして中国のこの勢いを感じてみて下さい。そして、時間があればぜひ弊社にも遊びに来てほしいですね。